賃貸物件を知りたいならこのサイト

>

日本の借家の歴史

構造

よくある賃貸マンションは、鉄筋や鉄骨やコンクリートなどで作られている家です。
その他にも、エレベーターがあり、3階以上の建物である場合が多いです。
タワーマンションは、20階以上の建物があるのが大きな特徴で、高層階になればなるほど眺めが良いです。
大規模マンションは、1人暮らしや家族世帯向けの間取りの種類が豊富で、マンションに併設されている共用施設が豊富なマンションもあります。
デザイナーズマンションは、マンションの名前のとおり、建築デザイナがー設計に関わっているマンションで、通常のマンションよりも、おしゃれな内装である場合が多いです。
分譲マンションは、いくつかの部屋を賃貸マンションの1つとして貸し出しており、決められた期間のみ貸出しという場合もあります。

入居タイプ

単身用は、基本的に1人暮らし向けに作られている部屋で、1Kやワンルームの物件が多いです。
2人入居可は、単身用の間取りでも、2人入居可能な物件という意味で、同棲を開始するカップルや夫婦に適した物件です。
ファミリー用は、3LDKや4LDKなどのファミリー向けに作られた物件です。
女性限定は、男性が借りる事ができず、女性のみが借りれます。
オートロックやカメラがついていたりするなど、女性に嬉しい設備がたくさんあります。
それ以外にも、月単位で契約して家具家電付きのマンションに住む事ができるマンスリーマンションや自由にリフォームやDIYが可能なリフォームやDIY可の物件などがあります。
ペット可や楽器可の物件もありますが、ペットの種類や楽器の種類によっては借りられない場合があります。


この記事をシェアする